お金が必要

お金が必要

お金が必要

 

買い物をするには、お金が必要です。
子どもでも知っている世の中の常識です。
しかし大人には、お金がなくても買い物ができる魔法があります。
その魔法を使うと、ないはずのお金を使うことができるのです。
しかし、この魔法は使いすぎると、後々大変なことになります。

 

魔法の正体はカードキャッシングです。
キャッシングはカードで手軽に利用ができます。
預けたお金ではないのに、引き出すことができるので、本当に魔法のように思えてしまいます。
しかし、実際はカードを通してお金を借りているのです。
お金が湧いて出てきているわけではなく、当然、返す必要がありますし、利息も発生します。
簡単に借りることができるので、いつの間にか返せない金額になってしまう、ということもあり得ます。
そうなれば手遅れです。
そうでなくとも、厄介なことに、借金は癖になってしまいます。

 

借金の癖がついてしまったら、手遅れになる前に、何らかの対策をする必要があります。
物理的にキャッシングを不可能にするというのも、ひとつの手です。
カードを持ち歩くのをやめてみましょう。
カードがなければ、キャッシングを利用することができないため、借金が膨らむこともないでしょう。
また、どうしても使ってしまうというのなら、誰かに預かってもらえば絶対に使うことができなくなります。
ないはずのお金に頼ることをやめ、自分のお金だけで生活をするようにしましょう。