具体的な手続き

具体的な手続き

具体的な手続き

 

借金のことで、個人ではどうにもならない状況に陥った場合、弁護士の力を借りることになります。
その費用がどのくらい必要なのか、というのは気になるところです。
ただ相談するだけの場合、無料でしてくれるところもあります。
しかし、任意整理や個人再生、自己破産などの具体的な手続きをすることになった場合は、当然ですが無料でというわけにはいきません。

 

任意整理をする場合、まず着手金として2万円ほどを弁護士に払います。
その後、成功した場合には報酬として別に2万円ほどを固定で支払うことになります。
また、任意整理の結果、借金の減額があった場合は、そのうちの10%と消費税分を足した金額が弁護士の報酬となります。
これは、任意整理の対象となる業者1つにかかる費用です。
複数の業者を対象とした場合、その業者の数だけ費用がかかります。

 

個人再生をする場合、20万円から30万円を弁護士に払います。
裁判所にも払う必要があり、そちらは3万円程度です。
さらに、収入や財産をチェックする再生委員を裁判所で専任するための費用として、20万円ほどが必要となります。

 

自己破産の場合は、着手金と報酬金の両方を払うことになります。
それぞれ20万円から40万円ほどが必要です。
事業者破産であれば、50万円以上が必要となるでしょう。
また、過払い金などで、お金が返還された場合、その20%を弁護士に払うことになります。
それに加えて、裁判所にも2万円弱を支払うことになり、管財人がつく場合には20万円ほどが必要になります。

 

以上が、弁護士の力を借りて実際に手続きを行った場合にかかる費用となります。