借金なんてしないに越したことはない

借金なんてしないに越したことはない

借金なんてしないに越したことはない

 

どうしてもお金が足りなくて借金してしまう、ということは仕方がないことです。
しないで済むなら、借金なんてしないに越したことはないです。
借金が原因で、他人に迷惑をかけることになる可能性があるからです。
借金は、借りた本人だけの問題だと思うかもしれませんが、そうではありません。
借金をする際には、他人に迷惑をかけるかもしれないという可能性も頭に入れておく必要があるでしょう。

 

例えば、借金の返済が負担になり、家族に迷惑をかける場合があります。
借金があるということは、家族のために使えるお金がその分少ないということです。
借金の返済によって、家計が圧迫され、家族のために必要な経費が十分に確保できないとなると、借金をした本人だけの問題ではありません。
子どもの教育費や医療費が払えないという状況すら起こり得ます。
そうなれば家庭は破綻してしまいます。
借金が原因で離婚したというのは、よく聞く話ですが、離婚した家庭では、このようなことが実際に起きたのでしょう。

 

また、仮に返済ができなくなったとすると、金融会社に迷惑がかかります。
金融会社は、ボランティアでお金を貸しているわけではありません。
商売でお金を貸しているのですから、貸したお金が返ってこないとなると、赤字になってしまいます。
そこで返済の催促をするのですが、勤務先に来たらどうでしょう。
職場に迷惑がかかりますね。
また、保証人がいる場合はその人にも迷惑をかけることになります。

 

借金によるトラブルというのは、本人だけの問題ではないことがわかったかと思います。
本人だけの問題だ、という認識は改めましょう。