債務の返済

債務の返済

債務の返済

 

自己破産について、良いイメージを持っている人はいないでしょう。
借金でどうしようもない人がするものであり、それは当然です。
自己破産をすると、何もかもを失ってしまうと思っている人もいるかもしれません。
では、実際はどうなるのでしょうか。
自己破産というものを正しく理解しましょう。

 

自己破産というのは、裁判所に申し立て、債務整理をするための手続きです。
債務超過の状態だと認められ、手続きが開始されると、生活に必要な財産を残し、全ての財産が差し押さえられます。
差し押さえた財産を処分、分配することで債務の返済をします。
それでも残ってしまう債務は、支払い義務のあるものとして残ります。
よく勘違いされるのですが、自己破産をしたらすぐに借金がなくなるのではありません。
債務が残ってしまう場合は、免責許可の手続きをすることになります。
ここで免責許可が下りることで、支払い義務がなくなり、借金がなくなるのです。

 

つまり、免責不許可となってしまった場合は、借金が残ってしまうということです。
免責不許可事由には、「破産法上の破産者の義務に違反した場合」「破産者が免責申立前10年以内に免責を得ている場合」などがあります。
免責不許可事由に該当している場合は、免責許可が下りないことになっていますが、最終的な判断は裁判官がします。
裁判官の裁量で免責を許可する、裁量免責で借金がなくなるケースというのも多いです。

 

自己破産の手続きをするだけでなく、免責許可が下りることで、借金がなくなるのだということを憶えておきましょう。