返済していく権利

返済していく権利

返済していく権利

 

借金の返済に困り、債務整理をした後でも、再び返済が難しくなってしまうことがあります。
それには、一時的な場合と、そうでない場合があります。

 

一時的な場合というのは、今月はお金を用意できなかったという場合です。
翌月以降は返済が可能なケースで、急な出費があった場合、収入が一時的に減ってしまった場合というのはこのケースに当てはまります。
任意整理で結んだ和解契約というのは、通常2カ月以上返済が滞った場合に、期限の利益を喪失したとみなします。
期限の利益とは、分割して返済していく権利のことで、分かりやすく言うと、「2カ月以上滞納したら、一括して返済を請求します」ということです。
一時的な場合では、翌月には支払えるのですから、現在の状態を継続して返済していくことが可能です。

 

では、そうでない場合はどうでしょう。
一時的でないということは、今後も返済ができないということです。
こうなった場合は、和解契約は無効になります。
期限の利益も喪失し、残りの借金を一括して支払わなければなりません。
さらに、和解契約で利息は免除されていたはずなので、元金に利息を足した金額が請求されます。

 

その場合、再び任意整理をして和解契約を結ぶことは難しいでしょう。
返済が不可能な状態なのに、「今後は払っていくので条件を緩くしてください」と頼んでも、受け入れてくれるはずがありません。
自己破産もしくは、個人民事再生の手続きを始めることになります。