口座は差し押さえられます

口座は差し押さえられます

口座は差し押さえられます

 

自己破産をしたら、年金が受け取れなくなるのではないか、という心配をしている人は多いと思います。
年金についてですが、自己破産が何か影響を与えるということはありません。
自己破産をしても、年金保険料の納付は免除されませんし、年金が差し押さえの対象となることもありません。
つまり、年金保険料の納付をしっかりとしていれば、自己破産していても年金が受け取れるということです。
これは、現在年金保険料を払っていて、将来年金を受け取る年齢の人の場合です。
すでに年金を受け取っている人は、注意すべき点があります。

 

年金受給者が自己破産をした場合、年金が振り込まれても、引き出すことができなくなってしまうことがあります。
自己破産手続きを開始すると、借金の借り入れに使っていた口座は差し押さえられます。
この口座を、年金の受け取り口座として指定していた場合、口座が使えないので引き出すことができないのです。
年金時代は差し押さえの対象ではないのですが、差し押さえられた口座に振り込まれたお金というのは、財産とみなされ返済に充てられてしまいます。

 

裁判所に申し立てることで、口座を使えるようにすることはできます。
振り込まれる年金に限り、使えるようになりますが、裁判所に申し立てる費用と時間を考えれば、現実的はありません。
このように、自己破産が年金に影響を与えることはありませんが、受け取り口座には注意が必要です。