返済不可能状態

返済不可能状態

返済不可能状態

 

自己破産の手続きをしたからといって、借金がなくなるということではありません。
「自己破産=借金がなくなる」と思っている人が多いようですが、それは勘違いです。

 

破産手続きとは、裁判所に返済不可能状態であると認めてもらうことで、それだけでは借金はなくなりません。
この段階では、借金がなくなるどころか、1円たりとも減っていない状態です。
では、どのタイミング借金がなくなるでしょうか。

 

裁判所が、返済不可能状態であると認めた後は、破産者の財産の処分が始まります。
財産の処分は、弁護士や管財人を通して行われます。
そして債権者に分配され、借金の返済に充てられることになりますが、それでも借金はおそらく残るでしょう。
借金の額は多少減るはずですが、返済義務もまだ残っています。
この段階でも、借金はなくなりません。

 

返済が不可能な状態なので、残った借金についても当然ですが返済が不可能です。
そこで、ようやく借金をなくすための手続きである「免責」の手続をするのです。
そして免責が認められた場合に限り、借金の返済義務がなくなり、借金がなくなるということになります。
免責が認められない場合は、借金の返済義務はなくならず、借金はなくならないということです。
自己破産の目的はこの、免責を認めてもらうことにあります。
免責不許可事由というのに該当していると、免責不許可となります。
したがって、免責不許可事由の確認はしておかなくてはなりません。

 

実際には免責不許可事由に該当していても、裁判官の裁量により免責が認められることがあります。
裁量免責というのですが、よほど悪質でない限りはこの裁量免責によって借金がなくなることが多いようです。