債務整理の対象

債務整理の対象

債務整理の対象

 

自己破産をすると、生活に必要な財産を除き、すべての財産が処分され、債権者に分配されます。
そして、信用情報に傷がつき、新たな借り入れができなくなります。
これは、「この人、お金返してくれません」という情報が登録されるためで、この情報は共有されています。
そのため、自己破産時に借りていない金融機関からでも、お金を借りることができないのです。
また、車や住宅のローンなども借り入れとなるので、ローンを組むこともできません。

 

では、携帯電話の契約はどうなるのでしょうか。
携帯電話を自己破産後も使えるかどうかというのは、自己破産時の状況に依存します。
携帯電話の料金を問題なく払っていた場合、自己破産後も携帯電話を持つことができます。
また、新たに契約することもできるかもしれません。
しかし、料金を滞納していた場合は、その料金も債務整理の対象となります。
当然ですが、所有している携帯電話は使えなくなります。
また、信用情報に傷がつくのと同様に、「料金払ってくれません」という情報が携帯電話の全キャリア間で共有されます。
新たに契約することもできないでしょう。
滞納していない場合は、「料金払ってくれません」という情報がないので、問題がないということです。