ローンを利用する人

ローンを利用する人

ローンを利用する人

 

車を買う際に、ローンを利用する人は多いです。
では、車のローンが残っている状態で、債務整理を行うと車はどうなるのでしょうか。
通常であれば、ローン会社が車を引き上げ、売却することで債務返済に充てる形になります。
しかし、車というのは生活する上で必要だから購入するものです
そのため、車は手元に残して債務整理をしたいという人は多いです。

 

車を手放すことなく債務整理を行うには、どうすればよいのでしょうか。
そのためには、任意整理という方法で債務整理を行う必要があります。
任意整理は、対象となる債務を選ぶことができるので、車のローンを対象から外すことで、車を手元に残して債務整理を行うことができるのです。

 

しかし、車のローンというのは、比較的短期間で払い終えることを想定したもので、金利が高いことが多いです。
任意整理をして和解契約を結んだのに、車のローンが負担になり、返済ができなくなってしまうということも起きています。
ローンが残っている車を手元に残すなら、後々のことも視野に入れる必要があります。

 

また、債務整理をするなら、なるべく身軽になることが理想です。
任意整理をすると、裁判所に申し立てをする手続きがしにくくなるということもあります。
債務整理をした後に、車を手に入れる方法を考えることもできます。
ローンが残っている車が、本当に必要なのかをしっかりと考え、それでも必要だと判断したときに、任意整理を選びましょう。