自己破産のメリット

自己破産のメリット

自己破産のメリット

 

自己破産のメリットは、借金の返済が免除される、ということが筆頭に挙げられますが、デメリットも忘れてはいけません。生活に必要な最小限のもの以外は処分され、それぞれ債権者に分配されます。たとえ債務者にとってかけがいのない物であっても、それが金銭的価値の高い物なら、差し押さえられることを覚悟しておかなければなりません。
 具体例を挙げると、99万円を超える現金や時価20万円を超える財産などは没収されます。また、車や家は手放さなければなりません。これらに加えて、信用情報機関に事故情報が載る、いわゆるブラックリストに入れられるという制裁措置もあります。ブラックリストに入ると、自己破産後7年〜10年は、借金ができなくなるため、家や車のローンは組めませんし、クレジットカードも持てません。
 また、あまり知られてない制裁措置として資格制限があります。自己破産者は弁護士や税理士、また民法上の後見人や遺言執行者にはなれないのです。ただしこの資格制限はあくまで暫定的なもので、破産手続きが終わり免責許可がおりれば、解除されます。

 

自己破産すると何もかも失ってしまうと思われる人もいるでしょうが、路頭に迷うことは稀で、多くの人が自己破産後も普通の生活を送っています。
生活必需品などは没収はされませんし、保険料を滞納していなければ年金の受給資格も失いません。
また、自己破産開始後に得た財産や収入などは制約を受けず、自由に使えることになっています。
"