自己破産のデメリット

自己破産のデメリット

自己破産のデメリット

 

自己破産の最大のデメリットは、いわゆるブラックリストに載る、ということでしょう。これは、信用情報機関に事故情報が登録されることを意味します。
事故情報は7年〜10年は登録されたままで、その間はほぼすべての借金ができなくなります。
金融機関からの融資は言うまでもなく、車や住宅のローンは組めず、またクレジットカードの審査も通らないため、カードを発行してもらうことは出来ません。
平たく言えば「この人は借りたお金を返せなかった。だから信用できないので、お金はしばらく貸せない」ということです。
 もし自己破産の際に帯電話の利用料金も債務整理した場合、破産後は、当然、携帯電話を持つこともできなくなります。
使っていたキャリアのみならず、すべてのキャリアで信用情報が共有されるため、キャリアを変えて契約しようとしても審査に通りません。

 

自己破産は、借金の返済を免除してもらうというメリットばかりが強調されがちですが、家財道具など生活に必要な最低限度のもの以外は、ほぼすべての財産を差し押さえられるというデメリットもあるのです
差し押さえられた財産は債権者に分配され、それと引き換えに免責の許可が下りるわけです。
自己破産を考えている人は、メリットとデメリットをよく見極めた上で、破産後の生活設計をしっかり立て、デメリットを最小限に食い止めることが大切です。