自己破産の弁護士費用でお悩みの方に読んでほしいサイトです。

自己破産にかかる弁護士費用の問題は心配ありません!


自己破産に
かかる費用を
最低限に出来た
私の方法です。

 

 

簡単に説明しますと、自己破産の弁護士費用ですが、
着手金と報酬金の両方
自己破産の弁護士費用として支払う必要があります。
 
それぞれ20万円から40万円程度とみておいてください。
 
事業者破産の場合であれば、
着手金が50万円以上になります。
 
裁判所への支払いは2万円弱です。
もし管財人が必要であれば20万円程度用意する必要があるでしょう。
 
自己破産だけという事はあまりなく、
過払い金の弁護士費用などでいろいろと変わってくるので、
詳細は相談の上で決まると思います。
 

過払い金などの存在が明らかになった場合は、
取り戻せた額の20パーセントが弁護士の取り分となります。
 
ここで重要なのが、
上記の費用はあくまで
目安であるという事です。
弁護士にも専門分野などがあります。

 

あまり得意ではない法律家に依頼しても
ムダに時間だけがかかって、費用の割には
 
・過払い金の返ってくる額が少ない。
・依頼費用が高すぎる。
 
などがあります。
テレビなどで広告をしている事務所は
その広告費も当然こちらが支払う分に入っているので、
高くなる傾向があります。
 
それと、依頼費用は
前払いや着手金が必要な事務所は避けた方が
良いかと思います。
 
なるべく相談料が無料で

費用も後払いで経験豊富な
事務所を選ぶのが鉄則です。
 
複数の法律事務所で
1番自分にあった事務所に
依頼するのが良いです。
 
上記の条件で私は探してみました。
 
やはりネットで調べるのが1番です。
 
YAHOO知恵袋や、OKWEBで
体験談を見るのが1番信用性が高いです。
 
そこから調べた結果、
私が相談した所は下記の事務所です。

 

・岡田法律事務所
http//www.okada-houritu.com/
24時間借金相談無料窓口
0120-46-1337

 

借金強い弁護士事務所です。
債務先が少ない人を敬遠する事務所が多い中、
紳士に対応してくれる事務所です。

 

 

電話やメール相談の前に
簡単に大まかな数字が知りたい方は
こちらが良いと思います。
 
・街角法律相談所
http://www.machikadosoudan.com/

 

 

こちらは
電話番号、名前、
住所ナシで匿名でメール相談が出来る
法律サイトです。
 
フリーアドレスでも
携帯アドレスでも
真剣に回答してくれますし、
依頼した人の96%以上の人が
借金の減額に成功している
最近人気のサイトです。

 

 

出来れば全部に相談して、
1番自分に合った事務所を選ぶのが
良いと思います。
 
私は全部に相談して、
1番自分に合ったと思うのが、
岡田法律事務所さんでした。
 
金額や処理方法などで
決まるとは思いますし、
納得いくまで、調べるのが
1番の解決方法だと思いますので、
参考までにしておいていただければと
思います。
 
最後までお読み下さり、

ありがとうございました。

 

・岡田法律事務所
http//www.okada-houritu.com/
24時間借金相談無料窓口
0120-46-1337

 

 

 

・街角法律相談所
http://www.machikadosoudan.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己破産 弁護士費用

 

自己破産に弁護士の力を借りるにはどれぐらいの費用が必要?

 

 

自己破産のことで弁護士に相談する場合、やはり気になるのは費用でしょう。普通の人が弁護士に相談することはめったにないわけですから相場というものが分かりません。
まず自己破産の前に任意整理の場合です。
最初に着手金として2万円ほど必要です。もし成功した場合はそれとは別に報酬として、さらに2万円ほど支払うことになります。
これらに加えて減額報酬というものもあります。これは任意整理で借金が減った場合、その金額の10%プラス消費税を弁護士に支払うという仕組みです。
注意しなければならないのは、これらの費用は1つの業者ごとにかかるということです。複数の業者から借金している人は、業者の数に応じた費用を用意しておく必要があります。

 

 

 

個人再生の場合、弁護士に支払う費用は20万円から30万円ほどです。また、裁判所へ支払う費用として3万円程度も必要になります。さらに、個人再生では、再生委員が収入や財産をチェックし上限設定を行います。この再生委員は裁判所で専任してもらうのですが、これにも20万円ほどかかると考えておいてください。

 

弁護士と司法書士の違い

弁護士と司法書士の違い
自己破産 弁護士費用

 

 

自己破産の弁護士費用で借金で行き詰まった場合には、専門家に相談してみるのが賢明です。自己破産問題を解決するための専門家としては弁護士と司法書士がいますが、どんな違いがあるのでしょうか?

 

まず自己破産の費用の点ですが、弁護士は司法書士に頼むよりもお金がかかります。費用を低く抑えたいのであれば司法書士の方が有利です。ただ、司法書士にはカバーできる業務に制約があり、裁判所での代理権がありません。民事再生や自己破産を考えているのなら、裁判所に申し立てをすることが前提となるため、自己破産に強い弁護士に頼むことで費用の面でも安心になるでしょう。
 もっとも民事再生や自己破産を司法書士に依頼することも不可能ではありません。ただし、この場合は、本人申し立てとなるため、面倒な手続きが必要になります。また、本人申し立てだと費用も高くなり、自己破産の弁護士費用は最低50万円はかかります。これに対し、代理権のある自己破産に強く有名な弁護士に頼めば費用も、少額管財手続となり、20万円で抑えることができるのでお得です。

 

先ほど自己破産で司法書士には代理権がないと書きましたが、借金が140万円以下の任意整理ならば、司法書士にも交渉権と代理権が認められるようにはなっています。自分の借金の状況をよく検討して、自己破産の相談は弁護士か司法書士かを選んでください。
 おおまなか結論を出すとすれば、民事再生や自己破産は、自己破産に強い弁護士事務所に依頼した方がいいということになるでしょうか。

 

弁護士費用の相場はどれぐらい?

弁護士費用の相場はどれぐらい?
自己破産 弁護士費用

 

借金の自己破産について弁護士の力を借りる場合、その自己破産の弁護士費用の相場はどのぐらいなのでしょうか?

 

まず過払い金請求の自己破産の弁護士費用を例に挙げます。借入金がどれぐらいの金額なのかによりますが、10社から合計で400万円と仮定してみましょう。
このケースだと、だいたい着手金として10万円から20万円ぐらいが必要と考えてください。さらに実際にお金が返ってきた場合には、その金額に応じて成功報酬を払うことになりますが、20%前後が目安になります。

 

任意整理の場合は、着手金21,000円となります。成功した時はさらに21,000円を加算。また減額に成功した金額の10%程度を支払うことになります。過払い金が発生すればそちらについても20%程度の報酬が発生します。
 念のために書いておくと21,000円は1業者あたりの金額です。複数の業者から借り入れている人は、その業者の数に応じた費用を用意しておかなければなりません。

 

個人再生は、20万円から30万円程度とみておけば大丈夫です。報酬が自己破産の弁護士費用では10万円程度必要なケースもあるようです。
自己破産は着手金が20万円から30万円、報酬が10万円程度です。法人破産の相場は63万円と高くなります。同時破産であれば相場は28万円ぐらいで、これとは別に裁判所申し立て費用として3万円を支払う必要があります。
少額管財なら35万円ぐらいが相場で、裁判所申し立て費用は23万円です。

自己破産に強い弁護士事務所を紹介

自己破産に強い弁護士事務所を紹介
自己破産 弁護士費用

 

自己破産に強い弁護士といってもオールマイティではありません。あらゆる自己破産問題に精通しているように思えますが、それぞれ得意分野があります。
自己破産もその分野の一つで、過払い請求が流行していたころは多くの弁護士が借金問題を得意分野として扱っていました。
そこで今回は、借金問題に強いことで有名な法律事務所を3ヶ所紹介したいと思います。自己破産の弁護士費用も安いところががオススメです。
いずれも実際に使った人の口コミを参考に選んでいます。

 

最初におすすめしたいのが25年の歴史を持っている自己破産の弁護士費用で評判が良いのは「中央合同法律事務所」です。
数万件の相談実績があり、口コミでの評判も高いです。24時間365日いつでも相談窓口が開いているという対応力の高さもうれしいです。
無料で相談することができ、自己破産の相談を初回は無料です。着手金は後払いとなっていて、自己破産の弁護士費用も分割払いもできるので、すぐにまとまった金額を用立てできない人も安心して利用できますね。

 

「リヴラ総合法律事務所」は借金問題の実績だけで4万件以上もあるエキスパートです。
自己破産の費用の後払いや分割にも対応していて、もし過払い請求で成果が出なかった場合には費用が返ってくるのが特長です。それだけ問題の処理能力に自信があるんですね。

 

自己破産の債務整理を専門に扱っている「リライフ」も口コミの評判が高いようです。
無料で自己破産の相談をできるのはもちろん、任意整理であれば1業者当たり21,000円の着手金だけでOK。成果に応じた報酬金はあとで支払えばいいようです。

 

自己破産弁護士費用を調べる人の心境

自己破産弁護士費用を調べる人の心境

 

私はしがないサラリーマンですが、父が地元で商店を営んておりました。しかし、経営が悪化、連帯保証人として名を連ねていた私にも、借金返済の義務が生じてしまいました。必然と自己破産弁護士費用が気になりました。

 

突然出来た多額の借金。自己破産はしたくないので早々に返せるだけの物があるわけでなく、とにかく私も別の所からお金を借りて、その保証債務を乗り切りました。しかし、それで残るのは私個人の借金です。元々家計が厳しかったのに、新たに自己破産の弁護士費用や借金返済という重石がのしかかり、私は直ぐに返済を行き詰まらせてしまいました。しかし、そのまま放っておく事が出来るわけではないので、すぐに弁護士先生の事務所へ相談へと伺いました。そうすると、任意整理すると良いという事を教えていただき、早速行うと、返済額が減額される事となりました。さらに、過払い金があった事も判明しましたので、債務も減ることとなりました。自己破産の弁護士費用はおかげで、今は私の給料内で、月々の返済をすることが出来ています。商店を畳んだ父も、再就職をする事ができたので、収入を得ることが出来るようになりました。この経験から、いざという時は自己破産弁護士費用が安い専門家に速やかに相談する事が大事だと痛感しました。

 

-----
自己破産をしたならば、持っている全てのものを失ってしまい生活ができなくなると考えている人は少なくないはずです。
その後の暮らしが不安になる人も多いでしょう。
ですが、実際は自己破産をしても全てを失うわけではなく、お金も少し手元に残ります。
その額は現金であれば99万円以下と定まっています。

 

自己破産をすると、マイカーやマイホームなどの財産は借金返済に使われます。
このように財産の大半は失われるのですが、必要最低限の家財道具と小額のお金が残ります。
よって、自己破産により生活がままならなくなるなんて事態はありません。

 

ただ、自己破産には費用の他にも大きなデメリットがあります。
信用情報機関に自己破産した記録が残り、5年から10年ほどは新しいローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることができません。
職業に就くための資格も制限が付けられています。
自己破産をすると資格制限があてはまる職業にその期間就くことができないのです。

 

私は、千葉県船橋市に一戸建てを住宅ローンを組んで購入しました。
住宅ローンの支払いは滞りなく出来ていたのですが、残り12年の時点で支払いが出来なくなってしまったのです。
住宅ローンを組んだときに、返済を甘く考えていたのが、支払困難になった原因の1つと言えるでしょう。
住宅ローンを組んだ時点では、そこまで子供にお金がかかっていなかったのですが、子供が成長をするにつれて、教育費がかかるようになってきたのです。
給料は少しずつ上がっていましたし、妻もパートに出てくれるようになったので、家庭の収入としては増えてはいたのですが、子供4人にかかる教育費は思った以上に大きかったのです。
生活費と教育費でほとんど給料がなくなるような状況で、自己破産を考えている段階なので、住宅ローンの返済なんてとても出来ない状況でした。
マイホームを失いたくないという思いから、勤め先の近くにある樋口総合法律事務所へ自己破産の相談に向かいました。
いきなり訪問したにも関わらず、樋口総合法律事務所のスタッフの方は親切に対応をして下さいました。
後日、私と妻で再度樋口総合法律事務所を訪問して、債務整理についていろいろと弁護士の方から話を聞くことが出来ました。
弁護士の方にローンの残高と現在の収入・支出などの詳しい情報を伝えたところ、自己破産の費用の圭さんするのが1番良い方法だと言われました。
任意売却にて家を処分し、すぐに自己破産の手続きに入りました。
競売をかけてしまうと、近隣住民の方に知られてしまい、自己破産は家族に嫌な思いをさせるかもしれない、その心配があったので任意売却を選びました。
自己破産は非常にマイナスのイメージがあったのですが、人に知られること無く債務の整理ができて借金から解放されますので、返済に回すお金を作ることが難しい我が家にとっては良いことだったと思います。
樋口総合法律事務所の弁護士の方に自己破産の手続きをしてもらった後は、千葉県船橋市内にまた新居を構えて、子供たちは以前と同じ学校に通い続けることが出来ています。
樋口総合法律事務所の弁護士方には、債務整理のことや今後の生活のことなど、色々と相談にのって頂いたり、アドバイスを頂き、本当に助かりました。
家族6人で新しい生活を笑顔で自己破産を迎えることが出来たのは、樋口総合法律事務所のおかげだと思っています。

 

自己破産をすると費用の他にも大事な問題があります。現在本人の財産となっている不動産や自動車などはいったん金銭に換えられたあと、借金をした先である債権者に対して公平に分配されることになります。そのかわりに、これまで抱えてきた膨大な借金の支払いを免責され、新しい生活に向けて再スタートを切ることができるというのが、自己破産という制度の最大のメリットであるといえます。
ところが、自己破産となり債務の免責決定を受けたとしても、なお支払い義務が残ってしまう債務も残念ながら存在しています。例えば、スピード違反や傷害・窃盗などの刑事罰として請求される罰金や過料などはその代表として挙げられますが、そのほかにも、国や自治体から請求される税金が該当しています。これには、過去に所得や相続財産があったものの滞納をしていた所得税や相続税、さらには医療費にかかわる国民健康保険税などがあります。
こうした税金については、金融機関からの借金のような債務とは異なり、免責決定を受けたとしても、以後も必ず支払わなければならないものです。しかも、税金を理由なく滞納していた場合には、まず督促状が送られ、これにも従わずにいた場合、その期間の延滞金もあわせて賦課されるため、通常支払うよりも多い金額となってしまいます。
ただし、税金については自己破産のような生活困難者に対しては費用の分割納付などが認められるのが通例ですので、市町村役場などの窓口で事情を話し、こうした扱いを認めてもらうようにはたらきかけるのが得策です。

 

 

 

自己破産の体験談

みなさんは銀行などからお金を借りた経験はありますでしょうか。住宅ローンなどであれば、現在返済中という方も多いでしょう。それ以外にもマイカーローンや学資ローンなどを借りたことのある方もいらっしゃるかもしれません。さらに少額のものであれば、カードローンなどもありますし、銀行以外にも消費者金融など、お金を借りることができる機関はたくさんあるのです。
しかし、一方で借りれば借りるほど、返済が苦しくなるのもまた事実です。ですから、返済できる分だけ借り入れるという使い方をしなければなりません。しかし、どうしても仕方のない事情があり、返済ができなくなってしまった場合には、弁護士などの力を借りながら自己破産の手続きを取ることになるでしょう。
自己破産を行うとさまざまなデメリットがありますが、裁判所へ提出する書類の如何でそれらの措置が変わってくることがあるのです。特に、陳情書の内容はそれらの免責期間に大きくかかわってきますので、不測の事態が重なってしまい、どうしても自己破産をせざるを得なくなったという状況をきちんと説明することによって、少し措置を緩めてくれる場合があるのです。
もちろん陳情書にうその記述をしてはいけませんので、事実をありのまま書かなければならないわけなのですが、それでも書き方によって与える心象は大きく異なります。できる限りきちんとした書面を作成することで、みなさんの将来を少しでも楽にすることができるかもしれないのです。